“きよもとほんだ”の漢字の書き方と例文
語句割合
清元本多100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清元本多と申して幇間やなんかは石垣に蜻蛉の止ったような頭に結いましたもの、只今では散髪に成ったから、の変え様が有りませんが、此方(右)にるとか、は左の方に撫付けたが宜かろう
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)