“きょうれい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
共励33.3%
頬麗33.3%
饗礼33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「むろん、そうでしょう。表面は連絡れんらく提携てけいとか、共励きょうれい切瑳せっさとかうたうでしょうが。」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
眉色びしょくうるしのごとくく、頬麗きょうれい丹脣たんしんにしてのあるようす、どうみても
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
饗礼きょうれい鄭重ていちょうにして謝すべきに似たれども、何分にも主人の身こそ気の毒なる有様なれば、賓主ひんしゅの礼儀において陽に発言せざるも、陰に冷笑して軽侮の念を生ずることならん。
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)