“きょうけいざんまい”の漢字の書き方と例文
語句割合
恭敬三昧100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
優鈿大王とか饂飩大王とやらに頼まれての仕事、仏師もやり損じては大変と額に汗流れ、眼中に木片飛込も構わず、恐れみてこそ作りたれ、恭敬三昧き者ならぬは
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)