“きやうしゆ”の漢字の書き方と例文
語句割合
興趣100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雖然周三は、其れにすら何等の不滿を感ぜず、と胃の腑の欲望を充すよりも、寧ろ胸にかな興趣くのを以つて滿足した。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)