“きいつぽん”の漢字の書き方と例文
語句割合
生一本100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此の生一本きいつぽんの男は何処までも真清無垢しんせいむくとして置かずにはすまなかつた。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
生一本きいつぽんな加野を、狂人のやうにしてしまつてまで、あの時は、富岡はゆき子を得た。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
まことに正味の茶には相違ないが、いかに言つても生一本きいつぽんで、灰汁あくが強い。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)