“がいせん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
凱旋99.0%
外船1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
採って来たたくさんの標本をもってその巨きな建物の間を自動車で走るとき、わたくしはまるで凱旋の将軍のような気がしました。
ポラーノの広場 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
彼女は兵の百拝を浴びると、まるで凱旋の女王かのような心理に酔い、そのを大勢に打ちかこまれつつ官邸の門へなだれ入った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「こんどの外船さわぎで、会津や川越の諸藩と交代に江戸湾警備を申しつけられ、その諸費用に大至急で国もとから取りよせた金だったんです」