“かいぼり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
掻堀40.0%
掻掘40.0%
養魚池20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
即ち、淡島あわしまさま前なる小池は、田圃に於ける掻堀かいぼり同様、泥まみれの老若入り乱れてこね廻し居けり。
東京市騒擾中の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
或はこの水中に何物か沈んでいるのではあるまいか、物は試しで一応その掻堀かいぼりをして見ろと云うことになって、下男や家来共はその用意に取かかるところへ、この噂を聞いて奥から怖々おずおず出て来たのは
お住の霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
あくる日は大勢の人足をあつめて、その古池の掻掘かいぼりをはじめた。
半七捕物帳:01 お文の魂 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
あくる日は大勢の人足をあつめて、その古池の掻掘かいぼりをはじめた。
半七捕物帳:01 お文の魂 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
よその養魚池かいぼりへおしかけて、
まざあ・ぐうす (新字新仮名) / 作者不詳(著)