“おおもう”の漢字の書き方と例文
語句割合
大儲100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるにこの小僧は、人に戦争をさせておいて、自分は重宝ちょうほうがられながら大儲おおもうけをしようとする。
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
すると、その次の瞬間には、彼は何か大儲おおもうけをした様な気持ちになって来るのであった。
木馬は廻る (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)