“おおつち”の漢字の書き方と例文
語句割合
大槌100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岩手県海岸の大槌おおつちの町などでも、市の日に言葉のなまりの近在の者でない男が、毎度出てきて米を買って行った。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
イリガラ 大阪とその附近では、くじらの肉の油を取ったあとを、古くから炒り殻といっていたが(浪花聞書)、本来はこれだけには限らなかったらしく、東北は石巻いしのまき大槌おおつちなどでも、田作りの名をもつゴマメという小魚の乾したのをただガラと呼んでいる。
食料名彙 (新字新仮名) / 柳田国男(著)