“おおた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
太田84.6%
大田7.7%
大足7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
数の少ねえそのなかで、山住流含み針に心得のある達人は、第一にまず四ツ谷永住町ながずみちょう太田おおた五斗兵衛ごとべえ、つづいては牛込の小林玄竜げんりゅう、それから下谷竹町の三ノ熊右衛門くまえもんと、たった三人しきゃいねえんだよ。くやしいだろうが、この紅絹もみの袋をよく見ろい。
太田おおたはらそばです」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
太田おおたが原の真菰まこもの池のそばで
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
あいつは太田おおただからよくわかっているのだ。
台川 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「今夜はそんな話はしない積りだったが、あなたが聴き出したらどうで堪忍する筈がない。今夜の余興に、一席おしゃべりをしますかな。そうなると、三浦さんも係り合いは抜けないのだから、まず序びらきに太田おおたの松茸のことを話してください」
半七捕物帳:37 松茸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
枳園を帰参させようとして、最も尽力したのは伊沢榛軒しんけん、柏軒の兄弟であるが、抽斎もまた福山の公用人服部九十郎はっとりくじゅうろう、勘定奉行小此木伴七おこのぎはんしち大田おおた宇川うがわ等に内談し、また小島成斎等をして説かしむること数度であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「足りますとも、藤原の大足おおたりのたりたりで、余るくらいですよ」
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)