“うりさば”の漢字の書き方と例文
語句割合
売捌100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
畳は日本の生活になくてならないものでありますから、売捌うりさばく先も手広く、大きな産額に上ります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
彼らはまた己れが思想の伴侶たるべき机上の文房具に対しても何らの興味も愛好心もなく、卑俗の商人が売捌うりさばく非美術的の意匠を以て、更に意とする処がない。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)