町の展望まちのてんぼう
町から、何処に居ても山が見える。その山には三月の雪があった。——山の下の小さい町々の通りは、雪溶けの上へ五色の千代紙を剪りこまざいて散らしたようであった。製糸工場が休みで、数百の若い工女がその日は寄宿 …
作品に特徴的な語句
ゆっ