“無我夢中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むがむちゅう83.3%
むがむちゆう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一どたおれた蛾次郎がじろう本能的ほんのうてきにはねかえって、起きるが早いか、そばの大樹たいじゅへ、無我夢中むがむちゅうによじのぼった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わし矢張やはりその仲間なかまで、んでからしばらくのあいだ何事なにごとらずに無我夢中むがむちゅうすごした。
で、とうとう、まだかれ無我夢中むがむちゅうでいるあいだおおきなにわなかてしまいました。
それからは、もう無我夢中むがむちゅうでした。死にものぐるいで走ったのです。まるで、ころがるように走ったのです。
妖人ゴング (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
これは赤外線男に抱きつかれたんだと思うと急に恐ろしくなって、あとは無我夢中むがむちゅうだったという。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
無我夢中むがむちゆうかれつとはことちがふて心底しんそこおもしろくあそんだのではありますまい、いはゞ疳癪かんしやくおさ
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
氣遣きづかはしげに女王樣ぢよわうさまはうましたが、やがて無我夢中むがむちゆう
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)