“唐丸”の読み方と例文
読み方割合
とうまる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伝吉はたちまち枡屋ますやわれ、唐丸とうまるまつと称された博徒松五郎まつごろう乾児こぶんになった。
伝吉の敵打ち (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)