“黄鐘調”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうしきちょう50.0%
おうじきちょう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄鐘調”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わたくしは眼が見えませんから、音を聞くことが好きでございます。音には御承知の通り、宮商角徴羽きゅうしょうかくちうなどの幾通りもございます、また双調そうじょう盤渉調ばんしきちょう黄鐘調おうしきちょうといったような調子もいろいろございます、それをわたくしは聞きわけるのが好きでございます。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
黄鐘調おうじきちょうき合わせに美しい音を出しておいでになる時、夫人は好きな音楽であったから、恨めしいふうばかりはしておられず、小さい几帳きちょうの横から脇息きょうそくによりかかって少し姿を現わしているのが非常に可憐かれんに見えた。
源氏物語:51 宿り木 (新字新仮名) / 紫式部(著)