“宮商角徴羽”の読み方と例文
読み方割合
きゅうしょうかくちう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これを宮商角徴羽に分けてすべての音声を十五位に分類する、これを律呂という、十五位は十五声にして一声、一声にして全声なるものです。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
音には御承知の通り、宮商角徴羽などの幾通りもございます、また双調盤渉調黄鐘調といったような調子もいろいろございます、それをわたくしは聞きわけるのが好きでございます。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
宮商角徴羽の調べも、乱すまじきところは乱さずにでます。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)