“夜宮角力”の読み方と例文
読み方割合
よみやずもう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後、才兵衛に意見をしようとする者も無く、才兵衛いよいよ増長して、讃岐一国を狭しとして阿波あわの徳島、伊予いよの松山、土佐の高知などの夜宮角力よみやずもうにも出かけて、情容赦も無く相手を突きとばし張り倒し
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)