“高杉晋作”の読み方と例文
読み方割合
たかすぎしんさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長藩はこの年正月高杉晋作の挙兵によってふたたび藩士尊攘派の手に帰した。しかし、もはや彼らは、尊王討幕党ではあったが尊王攘夷党ではなかった。
尊攘戦略史 (新字新仮名) / 服部之総(著)
いくら防長の連中だって、この国の分裂をしてまでイギリスに頼ろうとは言いますまい。高杉晋作なんて評判な人物が舞台に上って来たじゃありませんか。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
長州の奇傑高杉晋作は、「本日東西南北に向って発向仕り候」と手紙に書いたそうだが、最初からそういう無目的を目的として発向するなら是非もないが、少なくとも今の場合の七兵衛は
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)