“高免:こうめん” の例文
“高免:こうめん”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“高免:こうめん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし保吉の心の中には道化どうけの服を着たラスコルニコフが一人、七八年たった今日こんにちもぬかるみの往来へひざまずいたまま、ひらに諸君の高免こうめんを請いたいと思っているのである。
文章 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)