“雨谷”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまたに50.0%
うこく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨谷”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お釜の持主である大学生雨谷あまたに君は、なんにも知らず、なんにも考えないで、しきりにいびきの音を大きくしているだけだった。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
見物席のわきたつ中に、きもをつぶして、その場にぶっ倒れそうになったのは、興行主こうぎょうしゅの大学生雨谷あまたにだった。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
僕の叔父おじもまた裁判官だった雨谷うこくに南画を学んでいた。
追憶 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)