“興行主”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうぎょうしゅ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“興行主”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
見物席のわきたつ中に、きもをつぶして、その場にぶっ倒れそうになったのは、興行主こうぎょうしゅの大学生雨谷あまたにだった。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この大宣伝政策はみんな、かの大学生雨谷金成あまたにかねなり、いや、この興行主こうぎょうしゅ雨谷狐馬あまたにこまが、頭の中からひねりだしたもの。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)