“雍州府志”の読み方と例文
読み方割合
ようしゅうふし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雍州府志』に京の勝仙院住僧玄秀の時、不動尊の像の左のを鼠が咬んだ、秀、戯れに明王諸魔降伏の徳あって今一鼠を伏する能わずといった
現に京都の悲田院の被収容者たる、いわゆる「非人」のことを、徳川時代天和頃にできた、『雍州府志』という本には、立派に「悲田院の穢多」と書いてあります。
自分はかつて『雍州府志』で見たことがあったほかに、当時なんらの知識をも有せず、したがってそれが自分にはあまり注意をも惹いていなかった問題であったので、その際においては
俗法師考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)