“関羽鬚”の読み方と例文
読み方割合
かんうひげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白ッポイ着物に青い博多織の帯を前下りに締めて紋付の羽織を着て、素足に駒下駄穿いた父の姿が何よりも先に眼に浮かぶ。その父は頭の毛をクシャクシャにして、黒い関羽鬚を渦巻かせていた。
父杉山茂丸を語る (新字新仮名) / 夢野久作(著)
真黒い関羽鬚のこわい顔にも似ず親切で好きだった。
九谷焼 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
呑兵衛ドクトルも眼を赤くして関羽鬚をしごいた。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)