“関八州”の読み方と例文
旧字:關八州
読み方(ふりがな)割合
かんはっしゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“関八州”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
関八州かんはっしゅうが急に狭くなったような気がして帰って来たが、東京駅から駒込までの馴れた道筋はその割に存外遠いような気もした。
箱根熱海バス紀行 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
今日は五月の五日、御岳山上へ関八州かんはっしゅうの武術者が集まって奉納試合を為すべき日であります。