“金銅像”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こんどうぞう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金銅像”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
推古式彫像の中でも法輪寺虚空蔵こくうぞうや広隆寺弥勒やその他小さい金銅像こんどうぞうにおいては目は非常に大きい。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)