“金座用達:きんざようたし” の例文
“金座用達:きんざようたし”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“金座用達:きんざようたし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、十五夜の晩以来、お雪の家の中に隠されていた疵口きずぐちのないこの町人体ちょうにんていの男の死体は、本石町ほんごくちょう金座用達きんざようたしをしている両替りょうがえ佐渡屋和平さどやわへい、俗に佐渡平という商人にちがいないと申し立てた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)