“金亀虫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こがねむし50.0%
カナブン50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金亀虫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
真綿をスイと繰ったほどに判然と見えるのに、薄紅うすべにの蝶、浅葱あさぎの蝶、青白い蝶、黄色な蝶、金糸銀糸や消え際の草葉螟蛉くさばかげろう金亀虫こがねむし、蠅の、蒼蠅、赤蠅。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
きり/″\すが鳴きだした、金亀虫カナブンが初めてやつてきた(地虫はすでに鳴いてゐたが)。
其中日記:10 (十) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)