“酸漿:さんしょう” の例文
“酸漿:さんしょう”を含む作品の著者(上位)作品数
柳田国男1
“酸漿:さんしょう”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かたばみは支那でも酸漿さんしょうという位で、少し酸味があるので子供はよくこれをんで楽しみにしていた。