“部立”の読み方と例文
読み方割合
ぶだて100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四季・恋・雑など二十巻にわたる部立ぶだてと、各部の中での歌の配列を決める仕事である。この仕事は元久元年(一二〇四)七月二十二日から開始された。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
何樣やら佛教の判釋を眞似て作つたやうな道藏の部立ぶだてにも、三洞四輔といつて、洞眞、洞元、洞神の三部が佛教ならば經部にあたる有難いものとされてゐるが
道教に就いて (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
それから右の表には出してないが、歌の部立ぶだて、つまり分類も、『古今集』が春・夏・秋・冬・賀・離別・羇旅きりょ物名ぶつめい・恋・哀傷・雑・雑体・大歌所おおうたどころ御歌としてから、大体この方針が承け継がれた。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)