“逆説”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
パラドックス71.4%
パラドクス14.3%
パラドツクス14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“逆説”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 評論 エッセイ 随筆14.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その暗影と云うのは——、たしかに彼の心中に一つの逆説パラドックスがあって、それを今の伸子の言葉が、微塵と打ち砕いたに相違なかった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
いま言ったようなごく簡単な逆説パラドックスだけで充分であることを彼女に知らせたのだ。
聖家族 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
驚くべき逆説パラドクスによつて、それはもはや演者の内部にある感情ではなくして、演者が感情の内部に入つてしまつてゐるのである。
クロオデルの「能」 (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)
いま言つたやうなごく簡單な逆説パラドツクスだけで充分であることを彼女に知らせたのだ。
聖家族 (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)