“蹂:もが” の例文
“蹂:もが”を含む作品の著者(上位)作品数
林不忘1
“蹂:もが”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
間もなく——一人ふたりと女髪兼安を喰らって白い花を赤く染めて断末魔のもがきに草の根を掴む者、痛手を押さえて退しりぞき、花のあいだに胡坐あぐらを組む者。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)