“跼:ぬ” の例文
“跼:ぬ”を含む作品の著者(上位)作品数
黒岩涙香1
“跼:ぬ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何だか薄気味の悪い言葉だ、併し此の意味も其のうちには分るだろうと、き足して此所を立ち去り、見て置いた階段の方へ行ったが、四辺は全くの闇である。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)