“貸自動車”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
タクシ50.0%
タクシー50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“貸自動車”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
刑事はニヤニヤ笑っていた。公園を出ると町であった。右角に貸自動車タクシの待合があった。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ひとつ貸自動車タクシを呼びましょう
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ルパンはやや暫くの間沈思していたが、突然、戸外そとへ飛びだして、急いで貸自動車タクシーに飛び乗った。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)