“謬想”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びゅうそう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“謬想”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 経済学・経済思想14.3%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これが一般民衆によりて味読さるるに至った時に、恐らく結婚に伴う幾多の謬想びゅうそうが除かれるであろう。
しかるに、公共用務を私的企業に委ねて自由競争に従わしめようとする謬想びゅうそうに陥った経済学者もある。