“びゅうそう”の漢字の書き方と例文
語句割合
謬想100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
革命的思想を以て頑固な支那従来の謬想びゅうそうを打破せぬ限りは、この現状は幾万世を経るとも変らざるべきである。
三たび東方の平和を論ず (新字新仮名) / 大隈重信(著)
これが一般民衆によりて味読さるるに至った時に、恐らく結婚に伴う幾多の謬想びゅうそうが除かれるであろう。