“謝肉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
カルネワレ50.0%
しゃにく50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行末は人の前に出でゝ、神のみことばをも傳ふべきに、今いかでかさる戲せらるべき。謝肉の祭はまだ來ぬものを、とのたまひき。
さはあれ式の日には、僧官たちも皆臨席せらるゝが上に、外國の貴賓も來べければ、さる戲はふさはしからず。謝肉の祭をこそ待ち給ふべけれ。
大人気なしといひけたで聞き玉へ。謝肉の祭、はつる日の事なりき。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)