“調里坊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てうりツぱう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“調里坊”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
吾儕と一緒に成つて、「むゝ、調里坊てうりツぱうかあ」とかなんとか言ふやうだと、誰も何とも思やしないんだけれど。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
其時、誰か背後うしろから追迫つて来て、自分をつかまへようとして、突然だしぬけに『やい、調里坊てうりツぱう』とでも言ふかのやうに思はれた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)