“西園寺家”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さいおんじけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また西園寺家さいおんじけも歌の筋といわれているし、実氏の弟実雄さねおの筋に出た小倉流おぐらりゅうも歌の家といわれている。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)