“葬金”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とむらいきん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“葬金”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「わしは、逸見家の用人だが、屋敷の仕事中に亡くなったのじゃからと、かみより、特別の思召しをもって、破格の葬金とむらいきんを下し置かれる。その使いにまいった。」