“落合両部:おちあいりょうぶ” の例文
“落合両部:おちあいりょうぶ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“落合両部:おちあいりょうぶ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それも特に選ばれた足達者が行ったのですから、一体、高麗村の御本家とかまでは何里あるのか? 江戸西方の近郷を指折ってみても、板橋、落合両部おちあいりょうぶ、中野ごう一円、ずっと離れて多摩川の武蔵境むさしざかいにしたところで、足達者というほどなら、もう七刻ななつごろには帰って来てもいいはずです。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)