“耶蘇寺”の読み方と例文
読み方割合
やそでら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本が戦国の余燼をあげていたころに渡来して、かの京都耶蘇寺の焼亡後、西国の切支丹大名にもよるべなく、禁教の声と迫害の目に追われて、ひとり関東地方を流浪していた形跡があります。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)