“美以美”の読み方と例文
読み方割合
メソヂスト100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「え、浸礼派になつたつて。」と隅つこで居睡りをしてゐた美以美派の田舎政治家が、眼を覚まし怒鳴つた。「嘘いふない、そんな筈があつて溜るもんかい。」