“罨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あん50.0%
おお50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
傷を消毒して、六枚板の鉱泉で温法を命じた。一軒を済ませて畑路伝いに隣へ行けば、もう蚊帳を吊っているのが見えて、ここにも怪我人がいるわいと、勇み立つ。
長崎の鐘 (新字新仮名) / 永井隆(著)
乃ち自ら火をい、燭を滅して睡る。五更の初に至って公即ち自ら起きて、燭を発し、燈を点じて著述す。日日是の如し。
洪川禅師のことども (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)