“冷罨剤”の読み方と例文
読み方割合
れいあんざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甘扁桃油扁桃油、接骨木花水沈降硫黄、そうして闇夜に絞り取った、売春婦の肝臓の血、それを合わせた冷罨剤、これを塗ることに致しましょう。……おうおう白くなりました。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)