“纐纈染”の読み方と例文
読み方割合
しぼりぞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
る血しおが胸から小刀の帯前まで朱に染めているので、さながら満身が纐纈染になってしまい、墓場の下から起ち上がった人間でもあるかの如く、見る者の眼をわしめた。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)