“縛首”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しばりくび100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“縛首”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
天祐和尚が熊本を立つや否や、光尚はすぐに阿部権兵衛を井出の口に引きだして縛首しばりくびにさせた。先代の御位牌に対して不敬なことをあえてした、かみを恐れぬ所行として処置せられたのである。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)