“縁附丸笊”の読み方と例文
読み方割合
ふちつきまるざる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「大丸木」「小丸木縁」(縁附丸笊)「かこべ」(桑籠)「荒とす」(「とす」は「通す」の意で)、「おぼけ」(緒桶の意か)等色々に呼ぶ。その他最も多く作るのは行李である。
陸中雑記 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)