“綜和”の読み方と例文
読み方割合
そうわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには背後に充分な準備が仕度せられているからである。自然と歴史と生活との綜和がそれらのものの根柢に潜む。都会から田舎へと洪水のように流れ込む商業的な品物には、そんな背景がない。
地方の民芸 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)