“絣模様”の読み方と例文
読み方割合
かすりもよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふもとのほうから迎いに来た自動車の前面のガラス窓に降灰がまばらな絣模様を描いていた。
小爆発二件 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)