“細川潤次郎”の読み方と例文
読み方割合
ほそかわじゅんじろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学者を誉めるなら豆腐屋も誉めろ夫れから幾ら呼びに来ても政府へはモウ一切出ないと説をめて居た所が、或日細川潤次郎が私の処へ来たことがある。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)